ココロファイト!!

思考法やら雑多な内容やらのブログ。

周りの人のレビューに感化されないように!自分の感想を守れ!

映画や小説、マンガなどで抱いたあなたの感想、と言うものを大事にできてますか??

 

 

f:id:manariy:20170508182937p:plain

 

 

例えばある作品の続編が公開されたとしましょう。

 

抱いた感想は「すごく面白かった」

 

しかし「続編は徐々にクオリティが落ちる」というジンクスに惑わされてしまい、周りの評価の低さに影響されてしまって「自分が最初に抱いた高評価の感想に圧力がかかってしまう」のです。

 

そして結果自分の感覚としては「まぁまぁ面白かった」あるいは「凡作だった」という感じに評価が無意識にワンランク落ちてしまうのです。

 

このバイアスは同調圧力にちかいもので、うっかりみんなのレビューに振り回されかねません。

 

■みんなが見た作品とあなたが感じた作品は別物

 

美術的価値というのは作品にではなくその人の脳に依存するものだと言われています。

ちょっと哲学じみてきていますが、作品の価値・正味はあなたが決めることなのです。

 

作品の受け取り方が様々なら、感想も様々ですよね。

 

人と違う意見を言うことに酔うのとはまた違いますが、自分が最初に感じたことに素直になるというのは大事なことだと思います。

 

自分が推していた作品が否定的な意見で溢れかえっているのはさぞ辛いでしょう。

 

ですが自分の感覚をブレさせない芯の強さは持っておきたいものです。

広告を非表示にする