ココロファイト!!

思考法やら雑多な内容やらのブログ。

そのストレス、上手に利用しよう!

f:id:manariy:20170508143813p:plain

 

 

ストレスには良いストレスと悪いストレスがあります。

 

いいストレスというのは「そのストレスを受けることで更なる成長、あるいは対策を講じることのできるもの」

 

悪いストレスというのは「ストレスが大きすぎて、ただただ引きずり、無意味に時間を潰してしまうもの」

という感じに私は分けています。

 

まず前提に、ストレスというものはある程度必要です。ストレスは己を逞しくするうえでの試練のようなものですからね。

 

そしてストレスは心だけでなく身体にも影響を及ぼします。

 

ストレスは「痛み」と同じように、シグナルの一種です。程々のストレスであれば活力増大、防御力増大などメリットが多いですが、ストレスが大きくのしかかれば毒でしかない。

■程々のストレスってどのくらい?

まず辛くて死にたくてどうしようもない状態を想像してみます。

その半分、あるいはそれ以下のストレスが最適と言われてます。その程度のストレスであればうまく利用する余裕も出てくるでしょう。

■ストレスに勝てない!

ストレスで苦しくてそんな余裕ない!という人はまず「苦しむ自分」というやつを意識してみてください。

そしてできれば「このストレス、何かに使えないかな?」という考えが浮かぶとなお良いです。

たとえばこの苦しみをブログなどでポエムにして発信したり、他に苦しんでる人達が共感する内容であれば十分ストレスの有効活用ですよね。

■ストレスは資産だ

偉人や、著名人でもストレスを多く抱える人はものすごく多いです。
しかしそれらの負の感情を活かしたり、あるいは悲劇の自分を売ったりして活躍しているのです。

 

画家のエドワード・ムンクは思春期に妹を亡くしたり悲劇に見舞われた人生を絵で表現しています。

■ストレスは相棒だ

使いようによってストレスは自分を高めます。

 

ストレスで苦しむだけじゃもったいないので、その苦しみを向上心などに使って役立てれると素晴らしいです。

 

ちょっとづつでいいのです。ストレスを人生の相棒として仲良くできるよう頑張りましょう!

広告を非表示にする