ココロファイト!!

思考法やら雑多な内容やらのブログ。

ライティングで半月で一万はいける!よってクラウドソーシングは稼げるもの!ただ...

前にクラウドワークスを始めてみた、というような記事を書きましたが更に経過報告というか思ったことについてちょっと綴っていこうかな、と思います。最近になってなんだかクラウドソーシングに凝っていまして...!

 

ちなみに半月で一万近く稼ぎました。このペースでいけば月二万か...!

 

■時間がかかってでも良案件を探し出せ!

やはり良案件を見つけるのは時間かかってしまう。

ランサーズといいクラウドワークスといいライティング案件の文字単価が低い低い...。2000文字書かせておいて300円なんて時給に換算するととんでもないことに。まとめて記事作成を請け負うほうがガッツリ稼げます。もちろん良案件のみで。

やっぱり探すのに時間はかかるけど「良案件に絞って応募する」のが一番稼ぎやすいと思います。単価の低いものを大量にこなすよりは全然効率がいいです。

 

■コンペはよっぽどの自信がない限り応募しない

複数のユーザーが提案するものの中から一つだけ採用され、報酬が確定するという形式がコンペ形式というもの。

でも個人的にコンペはやめたほうがいいと思います。ロゴやバナーのコンペなんてじっくり時間をかけて制作しても、採用されなければ報酬はゼロですからね。それって一番モチベーションを下げる要因だと思っていますし、時間が無駄になってしまうのも問題。

複数の応募の中で生き残れる自信がある!という方のみ向いている案件だと思います。私はコンペは基本的に無視しています。

 

 ■ココナラのポテンシャルに注目している

ココナラというクラウドソーシングサイトは「受注者がメイン」なので価格設定は自分で設定できます。これをうまく活用できればゴッソリ稼げます。

私はシナリオライティング(500円)を請け負っているのですが、需要があったのか出品して三日で4件ほどの依頼がありました。サービスの性質上、一度レビューや評価がつくとドンドン売れること!

500円から1000円に値上げしても依頼が途絶えることはありませんでした。いかに需要があるサービスを出品するかにかかってるんですね。

このサイトはとにかく出品するジャンルによって売れる売れないにムラがあったりするのが玉に瑕。

「占い・翻訳・イラスト・ロゴ作成などに関することを出品できれば、なお強い味方になる」サイトだと思います。もうちょっとシナリオライティング頑張ってみます!

 

■あまり案件を食わず嫌いしない

クラウドソーシングにおいて、とにかく記事内容が専門外だからってあまり案件を食わず嫌いするのは効率悪いです。

体験談を募っている案件以外についてはある程度ネットで調べてみましょう。それだけでも結構採用されますよ!

 

■文章力があるだけじゃライターは難しい

稼ぐにはまず、下調べすることとライティングそのものを楽しめる人じゃないと結構しんどいです。私はたまたま文章を書くのが好きでしたが、知らない分野をいちいち検索して調査するのは結構ストレス。しかもネットでみつけた場合はその情報の真偽もキッチリ確認する必要があったりします。

調査することが好きな人はホント強みですよね...!

好奇心旺盛な人でなおかつ文章力があれば、こりゃまた無敵です!

 

「文字を書くのが好きだ」っていうだけじゃなかなかライティング案件はこなせないと思う日々なのでした。

広告を非表示にする